Acevo(アキーボ)


Year: 2007

acevo-1

Acevo(アキーボ)非営利事業の実り
非営利団体の活動における的確なリーダーシップのあり方について論議する場を設けるべく、各団体の理事長たちによって1987年にAcevoは創設された。 現在の事務局長であるスティーヴン・バブが就任したのは2000年、6人の職員と500人のメンバーたちによって選出された。現在では、2000人のメンバーと21人の職員で構成される、結束力も備えた大きな組織へと発展した。

acevo-2

組織の目的は、ヨーロッパの非営利団体の理事長たちが結束し、相互サポートの推進によって、より革新的でプロフェッショナルな団体を生み出すこと。 育成プログラムや良質な計画書の設定、国境を越えての相互学習イベントの開催など、多様なプロセスを通じて、ヨーロッパ中のメンバーたちを文字通り、1冊の名簿にまとめ上げることが目指されている。そうした活動を経て、非営利団体がよりプロフェッショナルで意義ある組織に変わることができるのだ。2005年の2月より、スコットランドの姉妹組織であるAcosvo、北アイルランドのAcovoと共同で活動を開始したAcevo。その拠点はロンドンに置かれている。 2006年までに、2つの事業達成を目的に国際活動が推進された。ひとつが、ヨーロッパの非営利団体の理事長たちを組織する団体、Eucridを設立すること。フランスとスウェーデンの組織と連合でプロジェクトは進められた。そしてもうひとつが、ナイジェリアとイタリアのAcevoメンバーを支援すること。プロフェッショナルな組織を国で運営すべく、この両国がAcevoにサポートを求めてきたことに端を発する。

acevo-3

モレスキンはこれまで、Acevoのパーソナライズ版ノートブック(すべてのメンバーへの贈答品としての使用が目的)を2006年と2008年に手掛けた。また、Euclidのパーソナライズ版ノートブックも制作されている。 Euclidは3段階を経て、結成される計画だ。まず、パリで創設され、それからAcevoの主導で徐々に組織が構成されていく。そして最後の段階として、2007年末までにEuclidは完全に独立することを目指している。 現在、Euclidにはヨーロッパ17カ国、300人のメンバーが在籍する。

acevo-4

今年、Acevoの20周年を記念して、この重要な達成を祝うために特別エディションのノートブックが配布された。