Detour Shanghai


Detour_sh_490

Detour展 上海

Bund18
中山東一路18号
2010年10月21日 – 11月20日

Detour(デトゥア)は、世界を舞台に活躍しているアーティスト・建築家・映画監督・デザイナー・イラストレーター・文筆家、音楽家が参加している、文化性や創造性をテーマとしたモレスキンのプロジェクトです。 Detourはこれまで、ロンドン(2006)、ニューヨーク(2007)、パリ(2008春)、ベルリン(2008秋)、イスタンブール(2009春)、東京(2009秋)、ヴェニス(2010夏)で開催され、2010年秋に上海にやってきました。

The artwork created by Chinese artist Li Shoubai

Detour上海では、24名の多様な文化背景を持つ中国人アーティストと、2006年からDetourを通して集められた世界のアーティスト26名、計50冊のモレスキンノートブックが展示されます。中国からは、Jia ZhangkeZhang Yuan(映画監督)、Joseph Li(ファッションデザイナー)、Wang Xiaohui(写真家)、Han Han(小説家)、Alan Chan(デザイナー)、MCYan(ミュージシャン)などが参加しています。





ノートブックはこの展示会のために特別に作られた窓の開いた透明なボックスに収められ、白手袋をすれば誰でもアーティストの作品を実際に1ページ1ページめくりながら見ることが出来ます。壮大なストーリーが練られ、綴られたノート、作家の突発的なアイデアが散りばめられたノート、現代アートとデザインそのものになったノートなど、50人のアーティストの手によって50通りのモレスキンノートブックが出来あがりました。

オープニングパーティーの模様はこちらから(Flickrへ)