4月始まり日本語ダイアリー

遂に登場

世界各国で愛されるモレスキンのダイアリーは、
これまで英語表記のものを日本でも販売してきました。
「祝日が入っていたら」「六曜が記載されていたら」
「英語だといまいちピンとこない」
そんな皆さまの要望にお応えする
『4月始まり日本語ダイアリー』が、
2月5日(金)いよいよデビューします。

オンラインストアで見る >
Share Share

4つのラインナップ

Japanese Diary lineup

モレスキンの日本語ダイアリーは、週間と月間を、
PocketサイズとLargeサイズでお作りしました。カバータイプは、ブラックのハードカバーのみ。
4月からスムーズにお使い頂けるよう、3月から翌年の4月までをカバーする14ヶ月分に対応したダイアリーです。

2つのレイアウト

japanese Diary layout

  • ウィークリー
    ダイアリー

    クリックして拡大
  • マンスリー
    ダイアリー

    クリックして拡大

ウィークリーダイアリーのレイアウトは、見開き左ページに週間スケジュール、
右ページにはフリースペースとして横罫のノートを用意しています。
マンスリーダイアリーは、見開き2ページで一ヶ月分のブロックカレンダーを配したスケジュールページに加え、
横罫のノートをプラスし、書き込みスペースを十分にとっています。
どちらとも、月・曜日・六曜・そして日本の祝日まで、全て日本語で明記しました。
※六曜は2016年度のみ記載しています。

日本語ダイアリーの特徴

Japanese Diary main feature

とにかくすべて日本語表記にこだわり抜いた日本語ダイアリー
その中でも、特に注目すべき項目をご紹介。

日本の祝日を明記

お仕事や遊びの予定を立てるとき、祝日情報は必須。
これまでは、myMOLESKINEでダウンロードができる祝日カレンダーや、
各文具店が独自で作る日本の祝日シール、そしてご自身のDIYで
祝日を管理してきました。
しかし、今回発売する日本語ダイアリーには、
日本の祝日をしっかりと記載しています。
基本情報をベースに、色をつけたり、シールを貼ったりと、
見やすさの工夫を楽しみたくなりますね。

モレスキン手帳をより便利に使うことが出来る

モレスキンの手帳はカッコいいし便利なのですが、
祝日の表記がないのだけはちょっと不便だなと感じていました。
ビジネスでもプライベートでも祝日情報は必須なので、今回祝日が入って、
モレスキン手帳をより便利に使うことが出来ると感じています。

和気文具 EC事業部 WEBデザイナー/バイヤー 出野さやか

ビジネスや慶弔に必要な
六曜がモレスキンに

ビジネスシーンや慶び事の際に気になるのが「六曜」。
何事も佳き日にスタートしたいという思いを持ちつつも、
これまでのモレスキンダイアリーには六曜の記載はありませんでした。
そのため、何かあったらWebで調べたり、いわゆるビジネス手帳や
卓上カレンダーと併用されていた方も多いのでは?

日本語版ダイアリーでは、気になる六曜もしっかりカバーしています。
これからは、この1冊あればすべてが事足りますね。
※六曜の記載は2016年度分までとなります。

モレスキンのページで六曜を見るのはなんだか新鮮

社会人になった頃、思った以上に六曜を気にすることに驚きました。
慶弔いろいろありますが、これがあるととても便利。
新しいことを始めるときなど、何となく縁起をかついでしまいます。
モレスキンのページで六曜を見るのはなんだか新鮮です。

有隣堂 店売事業部仕入販促文具・雑貨課 引田幸子

ステッカーにも
日本語をプラスオン

モレスキンの日本語ダイアリーには、月間・週間
ともに、ステッカーが3枚付属しています。※アドレス帳はなし
これまで英語表記のみだったステッカーにも、
日本語表記がついています。
例えば「cocktail」は「飲み会」、「it happeened」は「出来事」
こうして日本語がついてくると、
ステッカーの使い道もどんどん広がりそうです。

より日本人の感覚で使いやすくなりました

今では大分馴染んできた英語表記ステッカーですが、
”cocktail”など日本人があまり使い慣れない単語もありました。
日本語訳がついたことで、より直感的に使えるようになったと思います。

(株) 伊東屋 商品戦略部バイヤー 平山翔太

In case of loss...
にも日本語を

モレスキンには見返しに記された「In case of loss...」があります。
これは、モレスキンの原型であるノートブックを使っていた
ブルース・チャトウィンの習慣に由来したもの。
お礼に何をさし上げるか?は頭をひねるところであり、
愛用者の中ではここをどうカスタマイズするかで盛り上がることも。
今回の日本語版には「拾った方はこちらへ届けてください。
謝礼として¥◯差し上げます」という訳をお付けしました。
$が¥になったという記念すべき1冊です。

今まで以上に気をつけるようになりそう…

日本語になった事で、今まで以上に
落としたり失くしたりしないよう気をつけるようになりそう…

(株) 東急ハンズ MD企画部 MD企画PT ステーショナリー部門バイヤー 小野慶介

たっぷり使える
14ヶ月分

4月からお使い頂ける日本語ダイアリーには、
始まりと終わりに、1ヶ月分ずつおまけをお付けしました。
4月まで待てない!そんな方は3月からお使いください。

4月は、新しいことが始まったり、
今まで手をつけていなかったことにトライしたくなる季節。
だからこそ、前準備の期間から新たな気持ちで
スケジュールを管理していただけます。

4月始まりの人気が高まっておりタイムリーな商品

4月始まりの人気が高まっておりタイムリーな商品です。
「日本語表記」とは思い切りましたが、「六曜」もあり、
使い易さは幅広い層に受けると思います。
輸入ダイアリーの入門編にお奨めかも

株式会社丸善ジュンク堂書店 営業本部 文具営業部バイヤー 猪野雅博

ツールベルトやペンとの 
コーディネートも楽しめます。

日本語ダイアリーでは、すべてのカバーがハードカバー。
そのため、ツールベルトやペンと言った、
ハードカバーに挟んで使える便利な筆記具をお使いいただけます。
カバーカラーがブラックなので、どの色とも合わせられます。
これまでマンスリーを愛用してきた人も、この機会にお使いください。

アクセサリを見る >

フォトギャラリー

Photo Gallery Japense Diary

「早速さわってみました」

User Review

モレスキンでは日本語ダイアリーを使うモニターを募集し、
早速ダイアリーを触ってもらいました。そのレビューをまとめました。

モニターお気に入りベスト3

日本の祝日表記

六曜表記

共通ページの日本語化
マンスリーがハードカバーに

  • ウィークリーについて
    かきつばた(専業主婦)
    「4月始まりは日本独特 子育て主婦としてとても嬉しい」

    4月始まりは日本独特だと思いますので、モレスキンで採用されたのは、子育て主婦としてとても嬉しいです。教育関係の仕事につかれている方もモレスキンを始められるきっかけになるのではないでしょうか。ありがとうございます!

  • マンスリーについて
    にゃる(会社員)
    「マンスリーがハードカバーになっているのが嬉しかった」

    実際に触ってみて、まずなによりも嬉しかったのは、マンスリーがハードカバーになっているのがやはり嬉しかったです。ソフトカバーでも良かったのですが、やはりこちらの方が1年使うには耐久面で良さそうです。あと、各所が日本語表記になっていますが、パッと見た感じではあまり今までのものと差異は感じませんでした。特に文字色やフォントが変わったわけではないので、今まで通りの気分で使えそうです。初めてモレスキンを使おうと思っているかたにはよいのではないでしょうか。

  • 日本語版について
    こらそん(ライター)
    「さっと見て分かる、書き込める」というのを実感

    今まで他社のものを使っていたのですが、それはパッと見て(日本語なので)迷わずに書けるからでした。私の場合打ち合わせなどの際にさっと見て答えたりできるということはとても重要です。まごまごしていたら相手の方に不安を与えてしまうからなのです。仕事相手の方が国内の方ばかりというのもあると思います。を今回モレスキンの日本語版を見て、「さっと見て分かる、書き込める」というのを実感してみて、ストレスがなく、紙の手触りなどからもともと書きやすく思っていたモレスキンだったので、とても嬉しく思いました。

  • ウィークリーについて
    zonokita_mac(会社員)
    ちっちゃいながらもしっかりと「モレスキン」している

    今までラージサイズのモレスキンしか使用したことなかったので、サイズ感がなかなかいいなと思いました。ポケットにも入りますし、モバイル性能がいい。 あと、ちっちゃいながらもしっかりと「モレスキン」しているところがいいです。前半部分についている月を1ページで見渡せる箇所は枠が小さくて何も書けない。

  • ウィークリーについて
    kei(会社員)
    「日付は小さめに下に入っている点が気に入って」

    元々モレスキンさんのカレンダーの日付は小さめに下に入っている点が気に入ってました。が、今回祝日表記や六曜が入ったことにより「使ってみたいな」と思っての応募でした。手元に届いたのは「ウイークリー・ポケット」 ありがとうございました。基本私はこの型のこのサイズを手帳として選ぶことは無いので、手持ちに用意している2016年用のどれとも被らず、折角のこの機会…どう使おうか?と思い巡らせ楽しんでいます。^^

  • ウィークリーについて
    まめこ(会社員)
    「第一印象は最高です!」

    マンスリーの部分が一月分じゃなくて二月分あるので、他のスケジュール帳とは違って新鮮でした。紙の厚みもあるし、書きやすそうです。初めて手にしてみて、第一印象は最高です!早く書き込みたくてうずうずしてます。

  • ウィークリーについて
    かず(会社員)
    「六曜が必要な仕事なので記載されているのはありがたい」

    ノートを含めても初めて手にしたモレスキンなので、これまでのモレスキンダイアリーとは比較できないのですが、ステッカーや大きなポケットが付属していて便利です。また、六曜が必要な仕事なので最初から記載されているのはありがたいです。4月始まりですが、使いはじめられる日のことが待ち遠しいです。

  • マンスリーについて
    クレオパトラ(会社員)
    「暦通りの勤務なので祝日表記はありがたい」

    暦通りの勤務なので祝日表記はありがたいです。希望としては前のページに月のカレンダー 後ろにまとめてフリーページがあった方が メモの際の文字数等気にせず書けていいのではないかなと思います。

  • マンスリーについて
    大東島健(自営業)
    「予想していたものより薄くてびっくり」

    見開きで4ヶ月のスケジュールが書けるページは、長期的なプランを立てやすく、使いやすいように感じれました。
    ・マンスリーのページの日付がマスの下側にあるのは不便に思われます。マスの右上または左上で良いのではないでしょうか。
    ・個人的には、月齢を入れてほしいと思います。
    ・スケジュール管理がメインならばいいのですが、1日の記録を書き残しておこうとするとスペースが足りないようです。weeklyがあっても良かったのではないでしょうか。
    ・サイズ的には丁度良いと思いましたが、後半部分のフリースペーズのページをもっと増やしたほうがいい。手帳をこれ1冊で済ませようとするとフリースペースが足りないので、もう1冊別の手帳を持ち歩く必要があるように思われます。
    ・予想していたものより薄くてびっくりしました。これはこれでいいですが、フリースペースのページを増やしてもっと厚くしても良いのかも。
    ・モレスキン全体に言えるのですが、栞の紐がチャームをつけるのには短い。チャームをつけなければいいのですが、せっかくのモレスキンですので、チャームをつけたい。栞の紐をもう少し長くしてほしい。

  • マンスリーについて
    なぷ(小売-厨房/接客販売)
    「 "ポケット"が、こんなにしっかりしたものとは」

    胸ポケットに入れ、出先でさっと書くのにちょうどいい薄さと、硬さだと感じました。
    1.年間ページの、1月/Januayの文字が「横書きのまま縦になっている」点です。
    これで、曜日・日付・祝日記載も月と同じレイアウトならなにも思わなかったのですが、なぜ1月/Januaryの表記だけほかと違うのか、ちょっとひっかかりました。縦書きにするか(英字を含むのでちょっとむずかしいと思います)、逆に「ノートを90度横に倒して使う」(ブラウニー手帳さんのように)感覚で、曜日や日付、祝日記載が1月/Januaryとおなじ「横倒し」であれば気にならなかったのかな?ともおもいます。(何度も1月/~と書いてすみません、一体どう表現したものかわからなかったためです。)
    2.月間ブロックページの六曜
    他の国にはない、日本語表記ならではですね。ですが、現代に生きる我々にとって、六曜すべて表記されるよりは「大安仏滅友引」の、冠婚葬祭に関係する3つでも十分ではないかと思います。
    「ポケットがある」とは聞いていましたが、こんなにんしっかりしたものとは思ってもおらず、封入されていたシールを取り出しながらとても感心いたしました。これでしたら、落ちてしまうこともなく安心ですね。
    3.日本語表記のシールについてですが、「パッと見読めない」ことが「かっこういい」ことにつながっているとおもうので、「日本語のみ」か「英語のみ」でもよいのではなかな?と正直なところ感じました。
    以前英語で日記をつけていた際、調べた単語がたくさんあり、わたくし事ながら懐かしかったです。これから英語で手帳を書く方には、逆にこの二か国語表記は力強いやもしれません。

  • マンスリーについて
    一龍(専門職)
    「伝統を受け継いでいて、表記だけ変更しているのはいい」

    日本の祝日が表記されているのが素晴らしい。見開きで1カ月のマンスリーブロックも書くスペースが広くてよい。デイリーダイアリーのマンスリーページもこれにしてほしい。個人的には六曜は必要ない。月齢を載せてくれたほうがいい。全体として、モレスキンの伝統を受け継いでいて、表記だけ変更しているのはいいと思う。

  • 日本語版について
    enco(デザイナー)
    「 モレスキンに日本語が印刷されていることに感動」

    ステッカーに日本語フォントが使われているのにも関わらず、モレスキンらしさを保っているのが印象的です!またモレスキン自体に日本語が印刷されていることに感動を覚えました。(普段無地しかつかわないので)モレスキンの世界観を壊していないところが気に入りました。ダイアリーは初めてなので、どう活用していくか三月まで楽しく悩もうと思います。

  • 日本語版について
    Gen_San(建築設計)
    「パッと見て分かりやすくてとても良い」

    久しぶりにモレスキンのダイアリーを手にしましたが、日本語版ということで、パッと見て分かりやすくてとても良いと思いました。格好つけるなら英語版なのかもしれませんが、やはり日本語表記の方が良いですね。また日本語表記されていても、フォントサイズ等モレスキンとしてのシンプルなスタイルは守られているので、仕事に必要な六曜が書かれていても野暮ったくならずにすんでいます。あとは、まだ記入していないのでわかりませんが、ノートの方でも問題視?されている紙の質や、ゴムバンドの耐久性が良ければ、なお良いと思います

  • 日本語版について
    Yasushi(会社員)
    「しっかりしてるけど薄い紙質、気に入りました」

    In case of lossの日本語訳、特に◯円謝礼でお渡ししますってところ、なんとなく文化的に日本になじみませんよね。少し違和感ありました。すっきりしたデザインと、しっかりしてるけど薄い紙質、紙や印刷の色など、全て気に入りました。使い始めるのが楽しみです。他の人の使い方が見たくて(モレスキン初心者)、Instagramのタグ見て楽しんでます。

  • 日本語版について
    奥ぴよ@ちぃ(主婦/薬剤師育休中)
    「靴サイズにcm表記も添えていただけると」

    せっかくの日本語版ですので、国際スケールの靴サイズにcm表記も添えていただけると嬉しいです。全体としては、シックでかっこいいので、今からどう使うかワクワクしております。

  • 日本語版について
    フムフムやまぐち(フリーランス)
    「モレスキンの良さはそのままに使いやすさがパワーアップ」

    日本語ダイアリーは、今まで通りのモレスキンの手帳の良さはそのままに使いやすさがパワーアップした手帳です!海外の手帳を使うときにちょっと不便な「祝日」の表記が、ついに日本語に対応したところが嬉しいポイントです!英語表記はカッコいい反面パッと見た時に分かりにくかった、パーソナルデータや共通ページも分かりやすくなって使いやすい手帳です。

    

商品ラインナップ

Japanese Diary Lineup

  • ウィークリー
    ダイアリー
    Pocket

    オンラインストアで見る >
  • ウィークリー
    ダイアリー
    Large

    オンラインストアで見る >
  • マンスリー
    ダイアリー
    Pocket

    オンラインストアで見る >
  • マンスリー
    ダイアリー
    Large

    オンラインストアで見る >
Share Share